アルゼンチン代表 – 2018ワールドカップ

■2018ロシアW杯日程
06/16 22:00 アイスランド [モスクワ/スパルタク]
06/21 27:00 クロアチア [ニジニ・ノブゴロド]
06/26 27:00 ナイジェリア [サンクトペテルブルク]
★2018W杯ロシア大会最新ユニフォーム特集ページ

■アルゼンチン代表最新メンバー※17/3/12発表
(3/23親善試合vsイタリア、3/27親善試合vsスペイン)
▽GK
セルヒオ・ロメロ(マンチェスター・U)
ナウエル・グズマン(ティグレス)
ウィリー・カバジェロ(チェルシー)

▽DF
マルコス・ロホ(マンチェスター・U)
ラミーロ・フネス・モリ(エバートン)
フェデリコ・ファシオ(ローマ)
ニコラス・オタメンディ(マンチェスター・C)
マルコス・アクーニャ(S・リスボン)
エドゥアルド・サルビオ(ベンフィカ)
ニコラス・タグリアフィコ(アヤックス)
ガブリエル・メルカド(セビージャ)
ファブリシオ・ブストス(インデペンディエンテ)

▽MF
ハビエル・マスチェラーノ(河北華夏)
レアンドロ・パレデス(ゼニト)
マヌエル・ランシーニ(ウエスト・ハム)
ジョバニ・ロ・セルソ(パリSG)
ルーカス・ビリア(ミラン)
エベル・バネガ(セビージャ)
アンヘル・ディ・マリア(パリSG)
パブロ・ペレス(ボカ・ジュニアーズ)
マクシミリアーノ・メサ(インデペンディエンテ)

▽FW
ゴンサロ・イグアイン(ユベントス)
リオネル・メッシ(バルセロナ)
セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)
ディエゴ・ペロッティ(ローマ)
クリスティアン・パボン(ボカ・ジュニアーズ)
ラウタロ・マルティネス(ラシン)

■監督
ホルヘ・サンパオリ
(アルゼンチン)1960.3.13

■アルゼンチン代表チームデータ
W杯過去最高成績:優勝2回(1978、1986年)
コパ・アメリカ過去最高成績:優勝14回(1921、1925、1927、1929、1937、1941、1945、1946、1947、1955、1957、1959、1991、1993年)

国際親善試合が23日に行われ、アルゼンチン代表とイタリア代表が対戦した。試合はアルゼンチンがエベル・バネガ、マヌエル・ランシーニのゴールで2-0で勝利。エースのリオネル・メッシが欠場するも、盤石の勝利を収めた。

ロシアW杯本戦メンバーとして誰を選出しても豪華メンバーが揃うことになるが、サンパオリ監督はメッシ中心のチーム作りを明言している。絶対的エースの脇を固める選手は誰になるのか。本戦メンバー選考へ、アルゼンチン代表は日本時間27日28時30分、アトレティコ・マドリードの本拠地であるワンダ・メトロポリターノでスペイン代表と対戦する予定となっている。

 

南米予選をメッシ選手のハットトリックでギリギリ突破したアルゼンチン代表ですが、名将サンパオリ監督を招聘したのでワールドカップ本番に向けてきっちり仕上げてくるでしょう。

前回大会ファイナリストでワールドカップ優勝経験もあるので自力はあると思います。

バルセロナのメッシ選手とユベントスのディバラ選手の共存にこだわらければ、下馬評も低いですしサンパオリ監督の好きなように戦えるという意味で強いと思います。

バルセロナのマスチェラーノ選手やマンチェスターシティのオタメンディ選手が守備をしっかり固めてくれるでしょうから優勝はメッシ選手次第でしょうが、メッシ選手を生かすためにはメッシ選手にスペースを作ってくれるバルセロナでいうとルイス・スアレス選手のようなフォワードを見つける必要がありますね。

マンチェスターシティのアグエロ選手が適任だと個人的には思いますが、メッシ選手を活かせないという長年の課題をサンパオリ監督はどのように処理するのかに注目です。

今回のホームユニフォームは、伝統にモダンを取り入れた新たな息吹を感じるデザインとなっている。

“2018ワールドカップモデル”に位置づけられる新しいユニフォームは、クラシックな雰囲気が漂うデザイン。具体名は公表されていないが首周りやストライプの入れ方など、コパ・アメリカを優勝した1993年のユニフォームに近いデザインといえる。

シンプルなストライプがアルゼンチン代表の代名詞だが、今回はピクセルグラフィックを取り入れたモダンなストライプ。拡大画像だと濃淡をつけたピクセル柄が鮮明に!

Argentina 2018 adidas Away

デザインの特徴は両サイドのブルー/ホワイト/ブルーのスリーストライプスで、この部分は1993年当時のアウェイユニフォームによく似ている。ちなみに当時のアウェイの色はネイビーだった。

なお画像は未掲載だが、背面はブラック一色で国名やスローガンといった装飾等も見当たらない。

クラシックとモダンの両方を兼ね備えたデザイン。首周りはリブ仕上になっている。

レプリカユニフォームとは異なり、エンブレムとメーカーロゴは熱圧着。シャツは炎天下でもドライに保つClimachill素材を採用している。格子柄の編目と、レプリカに比べ柔らかな質感が特徴だ。

いよいよ2018年ロシアワールドカップが迫ってきます!

騎士サッカーショップsakkaknightは日本最大級スーパーコピー専門店。2018サッカー ワールド カップの最新ユニフォームを激安通販中!!!

 手頃な価格、安心な品質やマーキング短納期でサッカーファンたちはぜひご利用ください。全品合計10000円以上お買い上げで全国送料無料、さらに5%OFF。

身を持って好きなチームに応援しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です