2018ワールドカップグループD – クロアチア代表

サッカークロアチア代表(クロアチア語: Hrvatska nogometna reprezentacija)はクロアチアサッカー連盟(HNS)によって編成されるサッカーのナショナルチームである。愛称はヴァトレニ(炎の意)。ユニフォームはクロアチアの国章に使用されている紅白の市松模様を基調とする。

▽クロアチアは欧州予選グループIで首位に立っているものの、残り4試合を残してアイスランド代表と勝ち点13で並んでいる。また、トルコ代表とウクライナ代表も勝ち点11を積み上げており、ワールドカップ出場権の獲得に4カ国が競合して、最終2018ロシアワールドカップの入場券を手に入れました。

5回目のW杯出場が約3か月後に迫ったクロアチア代表が21日、そのロシアW杯で着用するユニフォームを発表した。

デザインは伝統のチェッカーボード(市松模様)だが、今回はチェックの1マスが大きめ。また、2016年モデルと同様にホームとアウェイが共通のデザインを採用している。

1998年のW杯は初出場ながら3位と立派な成績を残したが、それはキットサプライヤーがLotto時代のこと。Nikeのユニフォームを着た3度のW杯はいずれもグループリーグで敗退しているが、ロシア大会はどのような結果が待ち受けているのだろうか。

2018年ロシアW杯の各国新ユニフォーム購入したい方ははこちら!

Croatia 2018 Nike Home

クロアチア代表2018ユニフォームホーム

伝統といっても過言ではないチェック模様は、クロアチア国章のそれと同じ。今回は2014年モデルと同じように、袖部分はチェック柄ではなくレッド単色となっている。

アップで見るとチェックの境目は、ノコギリの刃のようなギザギザであることが分かる。シャツの素材にはNikeのテクノロジーを駆使した最新素材のヴェイパーニットを採用。

背面はシンプルなデザイン。肩周りはラグランスリーブで可動域を大きく確保している。

Croatia 2018 Nike Away

クロアチア代表2018ユニフォームアウェイ

 

ホームと同じようにチェック柄を採用したアウェイユニフォームだが、ここまでのダークカラーは代表史上初めて。

正式な色名称は公表されていないが、Nikeではこの色をブラック/ミッドナイト(ミッドナイトネイビー?)と説明している。

歴代のアウェイユニフォームで、初めてブラックがメインカラーで使われている。このクールなデザインは、ファンの間でもなかなか好評のようだ。

ユニフォームを購入したい方は是非騎士サッカーショップをご利用下さい、騎士サッカーショップsakkaknightは日本最大級スーパーコピー専門店。2018サッカー ワールド カップの最新ユニフォームを激安通販中!!!

全品合計10000円以上お買い上げで全国送料無料、さらに5%OFF。背番号と名前も無料で印刷できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です